シックハウス症候群とは?

新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると様々な健康に有害な影響が出るおそれがあります。

 

シックハウス症候群イメージ

 

《原     因》
化学物質による室内空気汚染
《症     状》
・ 目がチカチカする、痛い
・ 鼻や喉の痛み
・ めまい、吐き気、頭痛 等
《主 な 要 因》
1. 住宅に使用されている建材や家具、日用品等から様々な化学物質が発散
2. 住宅の気密性が高くなった
3. ライフスタイルが変化し、換気が不足しがち
《主 な 対 策》


・ 建材や家具、日用品等から発散する化学物質を減らす
・ 換気設備をつけて室内の空気をきれいにする
《法律・制度・基準》

厚生労働省室内化学物質濃度指針値(化学物質室内濃度の大きな目安)
建築基準法のシックハウス対策(必ず守らなければいけない法律)
住宅性能表示制度(建て主の希望による室内空気環境の表示)

※資料出所:国土交通省

 

合板